ベジファス

「血糖値が高い(汗)」とお悩みのみなさん!

血糖値を改善するために、日々試行錯誤していませんか?

カロリー制限・・・?

糖質制限・・・?

満腹制限・・・?

このように、血糖値を改善するために「○○を制限すること」は効果的ではありますが、ガマンというのは、ほとんどの場合「挫折」するものです。

さらに、働く女性や子育て中の女性など忙しい方は、「〇〇制限の食事」を用意する手間と時間をかけることは難しいですよね?

だからと言って、上昇しまくる血糖値を放置しておくわけには行きません!

そんなとき、食事メニューに悩まなくても、○○制限をしなくても、「ちょっとした工夫」をすることで血糖値の上昇を抑えることができるのをご存じですか?

それは、何かを「制限」するのではなく、「あるものを足す」のです。

血糖値をコントロールするために、あなたの食事に○○を足してみませんか?

「食事に足すだけ!」糖や脂肪の吸収を抑える【ベジファス】はこちら!  

血糖値が高い!その原因は?

いつのまにか血糖値が高くなっていた・・・というみなさん!

血糖値が高くなってしまう原因をご存じですか?

「血糖値が基準値を超える」「食後に上がった血糖値が下がらない「空腹時でも血糖値が高い」というように、血糖値に異常が現れるのは、ずばり「インスリンの機能が低下しているから」です。

通常であれば、血糖値が上がると膵臓からインスリンというホルモンが分泌されるため、時間の経過とともに血糖値は元の数値へ戻ります。

しかし、何らかの要因によって膵臓から十分なインスリンが分泌されなくなったり、インスリンの効きが悪くなると、血糖値が下がらずに血糖値が高い状態(高血糖)が続いてしまうのです。

インスリンの機能が低下してしまったのはなぜ?

「高血糖は、インスリンの働きに問題が生じている証拠」でありますが、なぜインスリンの機能が低下してしまったのでしょうか?

インスリンの機能が低下する主な原因は「長期に渡って、インスリンの無駄使いをしてきたから」です。

ドキッとしますよね(汗)。

では、「インスリンの無駄使い」とはどういうことか、もう少し詳しくご説明します。

<糖質の多い食事>

糖質の多い食事は血糖値を急上昇させますので、血糖値を下げるためにたくさんのインスリンが必要になります。

そのため、長年にわたって糖質過多の食生活をし、「常に」「過剰に」インスリンを必要としていると、やがては膵臓が疲れ切ってしまい、インスリンを出す力が弱くなって行きます。

さらに、インスリンは脂肪をため込む働きがありますので、インスリンが過剰に分泌されていると肥満となり、結果的にインスリンが効きにくい体になってしまうのです。

このように、糖質の取り過ぎはインスリンの無駄使いに繋がります。

<不規則な食事>

間食やちょこちょこ食べは、「食後の血糖値が下がり切る前に、また食べ物を口にする」ことになりますので、常にインスリンが分泌し続けることなります。

たとえ間食をしなくても食事の時間が不規則な場合は、お腹が空く前に食事をしたり、または空腹時間が長過ぎるせいでドカ食いをしてしまったり、膵臓に負担がかかるリスクが高まります。

膵臓に負担がかかり続けると、インスリンの機能にも悪影響を及ぼします。

<運動不足>

筋肉は、血液中のブドウ糖をエネルギーとして消耗してくれますが、もしあなたが運動不足であれば、血糖値を下げるのは「インスリンのみ」になってしまいます。

さらに、運動不足によって肥満になると、インスリンの効きが悪くなりますので、運動不足はインスリンの無駄使いだと言えます。

<アルコール>

飲酒後は、一時的に血糖値が上がりますので、血糖値を下げるためにインスリンが大量に分泌されます。

お酒を飲んだ後に空腹感を感じるのは、インスリンの過剰分泌によって低血糖を起こしているからです。

飲んだ後のラーメンやスイーツは、さらなるインスリンの無駄使いになります。

<喫煙>

喫煙は、インスリン抵抗性(インスリンが効きにくい体)を高めるそうです。

喫煙の習慣がある方は、インスリンが効きにくくなっていると考えられるため、血糖値を下げるために「より多くのインスリンが必要になる」ということ、つまりインスリンの無駄使いをしているいうことです。

<女性ホルモンの影響>

女性ホルモンは、血糖値に影響を与えます。

女性ホルモン「エストロゲン」はインスリンの効きをよくし、「プロゲステロン」はインスリンの効きを悪くします。

そのため女性は、生理周期や閉経によって「より多くのインスリンが必要になる時期」があり、これをきっかけにインスリンの機能が低下することがあります。

<カフェイン>

カフェインには、目を覚ましたり興奮させる作用があるだけでなく、血糖値を上げる働きもあります。

そのうえ、インスリン抵抗性を高めてしまうそうです。

コーヒー、紅茶、緑茶など、カフェインが含まれた飲み物を毎日大量に飲み続けているとインスリンの働きを弱めてしまうようです。(適量であれば問題ないでしょう)

<遺伝>

インスリンの「効きやすい体質」「効きにくい体質」は遺伝します。

「親が糖尿病だと子供も糖尿病になりやすい」と言われるのはそのためです。

また、アジア人は欧米人と比較してインスリンの分泌量が少ないため、欧米人のような食生活を送っているとあっという間に血糖値が上がってしまい、インスリンの無駄使いになります。

<加齢>

年齢に伴い、膵臓の機能が低下してくれば自然とインスリンの分泌量や機能にも影響が出てきます。

また、年と追うごとに基礎代謝が低下して太りやすくなるため、インスリンの効きが悪くなります。

<ストレス>

人はストレスを受けると、アドレナリンなどの血糖値を上げるホルモンが分泌されるため、ストレスの多い人はストレスの少ない人に比べて、より多くのインスリンが必要であると考えられます。

また、ストレスによって「やけ食い」「やけ酒」「ストレス太り」してしまうと、結果的にインスリンの機能が低下する原因となります。

血糖値を下げるには〇〇が大事!

このように、インスリンの機能が低下するのは「上がりすぎた血糖値」や「インスリンの効きにくさ」によって、多くのインスリンが分泌され続けるからです。

これを防ぐには「食べ過ぎ」「飲酒」「運動不足」「喫煙」「ストレス」「睡眠不足」など、改善しなければならないことが山ほどありますが、その中でも特に重要なのは「食事」と「運動」です。

血糖値を下げるための改善方法として、ここでは食事と運動について見て行きます。

まず、「食事」ですが、血糖値を上げるのは「糖質」ですので糖質を控えた食生活を心掛けましょう。

糖質は、

・食物繊維以外の炭水化物(ごはん、パン、麺類、パスタ、小麦製品など)

・イモ類(じゃがいも、さといも、さつまいもなど)

・砂糖(お菓子、スナック類、ジュース、調味料など)

・一部の野菜(にんじん、とうもろこし、かぼちゃなど)

に多く含まれています。

これらの糖質の多い食品を控えめにし、糖質の少ない食品(肉、魚、卵、野菜全般、きのこ類、海藻類、大豆類など)を多めに食べるといいでしょう。

また、ミネラルはインスリンの働きを助ける働きがありますので、野菜、ごま、ナッツ類も積極的に食べるといいですね。

次に「運動」ですが、ウォーキングや水泳などの有酸素運動は体脂肪を減らしてダイエットに効果的です。

減量するだけで、インスリン抵抗性が改善されてインスリンが効きやすくなると言われています。

そして、腹筋、腕立て伏せ、スクワットなど筋トレは、上がった血糖値を速やかに下げるだけでなく、筋肉量を増やして血糖値が上がりにくい体作りにもなります。

忙しい毎日の中で運動する時間を確保するのは難しいことですが、日ごろから車を使わず歩いたり、家事や掃除をこまめに行い、とにかく動くようにしましょう。

血糖値を上げにくい食べ方は?

どんなに糖質の少ない食事をし、こまめに体を動かしても「やっぱり食後の血糖値が急上昇してしまう(泣)」という方はいらっしゃいませんか?

または「ごはんや甘いもが我慢できない!」「食事制限は続かない!」という方は多いものですよね?

そんなとき、「血糖値の急上昇を抑える食べ方」を知っておくと、ガマンを減らすことができます。

既にご存知の方も多いと思いますが、その食べ方とは「食事の最初に食物繊維を食べる」ということ。

たったコレだけで、血糖値に効果的です!

食物繊維には、腸内でブドウ糖の吸収を抑える働きがあります。

そのため、食物繊維を先におなかの中へ入れておけば、後から入ってくる糖質の吸収を抑えることが期待できるのです!

つまり「血糖値が上がりにくくなる」というわけです。

このように、食物繊維(野菜)から食べ始めることを「ベジタブルファース」トと言い、本来の正しい食べ方は、

「食物繊維(野菜)⇒ たんぱく質(肉魚、卵など)⇒ 糖質(ごはんやパンなど)」

の順番です。

ベジタブルファーストを行えば、血糖値の急上昇が抑えられるため、膵臓への負担を減らしてインスリンの無駄使いを防ぐことができるでしょう。

また、食事制限をする必要がないためストレスが溜まりにくく、ダイエット中にありがちな栄養不足や偏食も防げるというメリットもあります。

一方、「ベジタブルファースト」いうくらいですから、必ず野菜(食物繊維)のおかずを添えなければならないため、調理の手間が増えたり、外食時のメニュー選びに困るというデメリットもあります。

「食事に足すだけ!」糖や脂肪の吸収を抑える【ベジファス】はこちら!  

『ベジファス』は血糖値を上げにくくする?

『ベジファス』という食品をご存じですか?

『ベジファス』は、「デザート感覚で食べられる、ゼリー状の食物繊維(難消化性デキストリン)」です。

先ほどご紹介したように、野菜(食物繊維)を食事の前に食べると血糖値の急上昇を抑えてインスリンの無駄使いを防ぐことが期待できますが、例えば「きゅうり一切れ」「ミニトマト1個」など「たった一口」食べても、それほどの効果は得られないでしょう。

血糖値を抑えインスリンの節約をするのであれば、野菜を「たっぷり」取る必要があります。

しかし、食事のたびに野菜をたっぷり用意するのは大変ですし、野菜のせいで満腹になり、楽しみにしていたメインディッシュが食べられなくなってはガッカリですよね?

また、野菜によっては「食物繊維が多いけれど糖質も多い」ものもありますので、ベジタブルファーストのせいで血糖値が上がってしまっては元も子もありません(汗)。

食物繊維を含むおかずがないとき、外食のとき、ご馳走メニューを食べたいとき、野菜の糖質が気になるときに『ベジファス』はとても役に立ちます。

『ベジファス』には食物繊維が「5g」含まれており、これはレタス2個分に相当します。

わざわざ山盛りレタスを食べなくても『ベジファス』を食事の最初に食べれば、血糖値の急上昇を抑えることができるのです!

『ベジファス』に含まれる糖質はわずか「0.89g」ですので、血糖値には影響なしと言えるでしょう。

『ベジファス』を長く続けていけば、血糖値だけでなくHbA1cも下がるのではないでしょうか?

また、『ベジファス』に含まれる食物繊維によって満腹感が得られれば、食べ過ぎを防いでダイエットできるかもしれません!

つまり『ベジファス』は、血糖値を上げにくくするだけでなく、血糖値を上げにくい体作りにも役立つということです!

さらに安心なのは、『ベジファス』は「機能性表示食品」であるということ。

つまり、『ベジファス』の「血糖値を下げる機能は、科学的根拠に基づいている」ということを意味します。

根拠がわからないナントカ食品と比べて『ベジファス』は信頼できるアイテムだと思います。

『ベジファス』はキレイを目指す女性にお勧め?

現代に生きる女性は「食物繊維が足りていない」のをご存じですか?

厚生労働省によると、日本人女性の食物繊維の摂取目標量は「17g」とされていますが、実際の食物繊維の摂取量の平均は「14g」まで下がっているそうです。

ぜんぜん足りていないことがわかりますね。

食物繊維が足りていないと、「便秘」しやすくなり、便秘は「肌荒れ」「頭痛」「食欲不振」など様々な不快な症状を引き起こします。

もちろん「おなかポッコリ」で、スタイルにも影響します。

「おなかスッキリ」「お肌つるつる」「気分爽快」を手に入れたい女性にも『ベジファス』はお勧めです。

『ベジファス』なら続けられる?

血糖値を改善するには、「ある日の食事を改善する」のではなく、毎日の食事を「改善し続けること」が大切です。

つまり、継続しなければ、血糖値へ反映させることはできないのです!

食生活を改善し続けるためには、

1、おいしい

2、簡単

3、使いやすい

4、購入しやすい

5、経済的

であることが条件ではないでしょうか?

『ベジファス』はこの条件を満たしているか見て行きましょう。

条件1 おいしい

『ベジファス』は、シークアーサーとレモン酢のさっぱりとした柑橘系の味で、女性好みに仕上がっています。

そのため「おいしくて食べやすい」という口コミがたくさん見られます。

条件2 簡単

「家事をしながら」「オフィスのデスクで」「料理ができるまでの間に」と、いつでも手軽に口に放り込むことができます。

条件3 使いやすい

例えば「お湯を沸かす」「お茶を煮出す」などの手間は一切かかりませんし、サプリメントのように水さえも必要ありません。

『ベジファス』は1個15gのミニサイズなので、旅行や外出時にも携帯しやすい仕様です。

条件4 購入しやすい

「遠くまで買いに行かなければならない」「注文のやり方が面倒くさい」というのは継続できない原因となります。

その点、『ベジファス』には『お届けコース』がありますので、毎回注文しなくても定期的に配達してもらえます。

解約や休止の場合は、次回お届け日の10日前までに連絡をすればいいだけなので、精神的負担もありませんね。

条件5 経済的

価格が高いと継続するのは難しいでしょう。

『ベジファス』の定期コースなら、

・送料無料
・初回半額
・2回目以降は20%OFF

なので、無駄な出費を抑えることができて経済的です。

このように、『ベジファス』は「手軽でおいしく」「購入が簡単で経済的」であることから、これまで血糖値対策を続けられなかった方にも試して頂きたいと思います!

『ベジファス』で血糖値が上がりにくくなったら?

『ベジファス』で血糖値が上がりにくくなったら?

インスリンの無駄使いを減らすことができます!

『ベジファス』で血糖値がコントロールできたら?

血糖値とともにHbA1cも改善されていき、糖尿病から一歩遠ざかることができるでしょう!

『ベジファス』で手軽に食物繊維をとることができたら?

外食のメニュー選びが楽になり、「野菜を食べなきゃ!」というプレッシャーが軽減されるでしょう!

『ベジファス』で便秘が解消されたら?

美肌やくびれが手に入るかもしれません!

『ベジファス』で食事制限から解放されたら?

食事へのストレスが軽減され、毎日の食事が楽しくなるでしょう!

「つらくない、ややこしくない、まずくない、『ベジファス』」で、これまでの食生活を大きく変えずに、血糖値コントロールを始めませんか?

「食事に足すだけ!」糖や脂肪の吸収を抑える【ベジファス】はこちら!  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする