プロフィール

始めまして!

当ブログにお越し頂きありがとうございます!

私は、3児の子育ての傍ら、フルタイムで働くアラフォーの主婦です。

好きな食べ物は、玄米、魚、豆腐、野菜など、いたって「ヘルシーな食事」が好みです。

体系はやせ形で、性格は、のんびり型というよりは、せっかち型だと思っています。

何かしていないとダメで、時間を無駄に過ごすことを「勿体ない!」と思ってしまいます。(海やプールサイドで「ボーっとする」という贅沢な時間の使い方ができません。)

私は、もともと健康志向なので、食品を買うときは、必ず原材料をチェックし、「ヘンなモノ」が入っていないかどうかを確認するクセがあります。

そして、「コレステロール」「中性脂肪」などの言葉に敏感で、「肉食や動物性油脂は、ドロドロ血のもと!」くらいのイメージがあり、なるべく肉食を減らし、特に子供が生まれてからの十数年間は「ほぼ菜食」のような食生活を行っていました。

(私はご飯と野菜が大好きなので、こんな食生活でも全く不満はなかったのですが。)

そんな健康オタクの私が、ある日、何気なく自己測定器を使って食後の血糖値を測ってみたところ、「228」という数字が出ました。

「ほぼ菜食&やせ形」の私は、「自分が糖尿病なんてありえない」と思い込んでいたので「血糖値」についての知識はほぼゼロ、もちろん「228」が意味することもまったくわかりませんでした。

そのとき隣にいた主人に「この数値、ちょっと高いんじゃない?」と言われ、「えっ?これって高いの?」と初めて「228」という数字が「高い」ということを知りました。

「健康オタク」という私の性格上、「自分の血糖値が高い」と知ったからには、228の意味を確かめるまで気が済みません。

この日を境に、私の血糖値についての探求が始まったのです。

そして、血糖値について調べれば調べるほど、「228」という数値が「正常値ではない」ということがわかってきました。

さらに、「血糖値が高い」というのは、「糖尿病、もしくは糖尿病の前触れだ」ということもわかりました。

私は「まさか自分が糖尿病になりかけている?!」と正直驚きました。

なぜなら私には、「糖尿病=不摂生な食事=贅沢病」というイメージがあったからです。

毎日、ステーキや焼き肉をたくさん食べ、お酒をがぶがぶ飲み、休日は家でゴロゴロしている、「おなかポッコリ生活習慣病まっしぐらの中年男性がなる病気こそが糖尿病」だと思っていたからです。

だからこそ、野菜中心の食生活をし、仕事や子育てで息つく暇もないほど動き回っている私には、「糖尿病とは無縁!」だという思い込みがありました。

それなのに!

それなのに!

血糖値が高かった!

私は、この事実を真摯に受け止めなければなりません。

そして、このような結果が出た「原因」を探り、「改善」していかなければなりません。

原因がわかれば、血糖値をコントロールすることができるはずです。

血糖値について調べてく中で、私は糖尿病についてのイメージが変わりました。

私のイメージや思い込みは「誤りだった」ということもわかりました。

高血糖や糖尿病は、「メタボの中年男性だけに起こること」ではありません。

最近では、私のように、血糖値の高い「女性」が増えているそうですよ。

驚くことに、やせ形の若い女性でも、血糖値が高い方が多いそうです!

また、血糖値というのは、生活習慣だけでなく、女性ホルモンの影響によっても左右されるため、「妊娠」や「更年期」など、女性特有の原因によっても左右されることもわかりました。

つまり、男性よりも女性の方が、血糖値が乱れやすいということなのです。

知れば知るほど、血糖値というのは奥が深いものであり、血糖値や糖尿病に関するイメージがガラリと変わって行きました。

私はこのブログの中で、血糖値とはまったく無縁であった私が、一から調べまくった「血糖値の基礎知識」や「血糖値を上げないコツ」や「血糖値にまつわるアレコレ」についてご紹介していくつもりです。

私のように「糖尿病になりたくない人」へ、特に「若い女性」や「妊婦さん」「産後の女性」「更年期の女性」に向けて、血糖値のコントロール法を中心とした情報を発信して行く予定です。

もちろん、私がお勧めする方法がすべての方にとって有益なものとは言い切れませんが、「知識」は無駄にはならないはずです。

私のように、血糖値に悩んでいる方、そして将来に渡って健康な生活を送っていきたい方にとって当ブログが少しでもお役に立てたら幸いです。

糖尿病予備軍の皆さん!

私と一緒に、血糖値を上げない生活を始めて行きましょう!!

血糖値コントロール中のブログ管理人より

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする