カイテキオリゴ

Pocket

血糖値が高い女性のみなさん!

突然ですが、毎日「気持ちのいいお通じ」はありますか?

「出なくて苦しい」「お腹がパンパン」「前回いつ出たか記憶にない」なんてこと、ありませんか?

全く関係ないと思われる「血糖値」と「便秘」。

実は、ふかーい関係があるのです!

便秘のせいで血糖値が高いとしたら?

お通じをよくすることで、血糖値が上がりにくくなったら?

もちろん、便秘を改善するしかありませんね!!

身体もココロもすっきりさせて、血糖値をコントロールするために!

本気の便秘対策を始めませんか?

「高血糖」を招く便秘を改善するならコチラ!

血糖値が高いと便秘になる?そのワケは?

血糖値が高いみなさん!

少しくらい血糖値が基準値を超えていたとしても、痛くもかゆくもありませんよね?

自覚症状としては、せいぜい「食後に眠くなる」くらいでしょうか。

血糖値の変動は自分ではわかりませんから、身体に異変が現れるころには「高血糖が進み、糖尿病を発症していた!」なんてことは実際にありうることです。

自分ではなかなか気付きにくい「高血糖」ですが、もし「以前に比べて、便秘することが増えた」「便秘が悪化している」というようなことがあれば、もしかして血糖値が高い状態が続いているのかもしれません!

なぜなら、高血糖の症状の一つに「便秘」があるからです。

では、どうして血糖値が高いと便秘になるのでしょうか?

その理由はいくつかありますのでご説明します。

<水分不足>

血糖値が高いとき、私達の身体は「血液中の余剰なブドウ糖を尿と一緒に排出して、血糖値を下げよう」とします。

そのため、尿量が増えるのです。

「尿量が増える=体内の水分が失われる」ことですので、身体は水分不足になりますよね?

すると便が硬くなり、便秘となります。

<暴飲暴食>

「血糖値が高くなるほど、飲食している(つまり、暴飲暴食)」ということは、それだけ消化吸収のために、エネルギーが費やされているということです。

すると「便を作るエネルギー」や「便を排出するエネルギー」が不足してしまい、便秘となってしまうのです。

つまり「たくさん食べれば、出せる」というのは間違いなのです。

実際に、私は食べ過ぎると便秘します。

そのほか、早食い、ため食い、ドカ食いなど、胃腸に負担がかかる食べ方をしていると、便秘を招きます。

<食生活の偏り>

血糖値を上げやすい未精製の炭水化物(白米、白パン、パスタ、うどんなど)や砂糖には、食物繊維が含まれていません。

「高血糖を招くような食生活」というのは、野菜や海藻類やキノコ類などの「食物繊維が不足している」ことが多いので、このような偏った食事が続くと便秘となります。

また、血糖値のコントロールのために「食事制限」や「糖質制限」などを行っている人も便秘になりやすいと言えます。

<自律神経の乱れ>

自律神経は、胃腸の働きをコントロールしていますので、自律神経が乱れると便秘になります。

自律神経を乱す原因には、「糖尿病神経障害」のほか、ストレスなども上げられます。

<睡眠不足>

食後に血糖値が急上昇し、インスリンが過剰に分泌された状態で眠ってしまうと、睡眠中に「低血糖」を起こすことがあります。

睡眠中に低血糖になると、「寝返り」や「歯ぎしり」などが起こり、熟睡が妨げられます。

便というのは、睡眠中に作られますので、睡眠時間が不足していたり熟睡できていないと、便が作られなくなってしまうのです。

このような「睡眠不足」や「質の悪い睡眠」は、便秘を招きます。

<運動不足>

血糖値が高い皆さんは、運動不足ではありませか?

運動は、腸を刺激して排便を促す効果がありますので、運動不足は便秘の原因となります。

便秘だから血糖値が上がることもある?

高血糖は便秘の原因になることをご説明しましたが、その逆で、「便秘のせいで血糖値が上がる」こともあるのです!

なぜ、便秘すると血糖値が上がるのでしょうか?

その理由は、「便秘は、膵臓へ悪影響を与えるから」だそうです。

便秘というのは、体内に老廃物やガスが溜まっている状態です。

これらの毒素が、血液を通じて全身に回ってしまうと、各臓器に悪影響を与えると考えられます。

つまり、体内毒素はインスリンを分泌している「膵臓に負担をかける」と言えます。

便秘によって、膵臓に負担がかかり、インスリンの分泌が悪くなってしまえば、血糖値が下がりにくくなるのは当然ですね。

高血糖が招く便秘の改善法は?

ご説明してきたように、血糖値と便秘は関係しています。

つまり、高血糖を改善すれば便秘も改善されるでしょうし、便秘を改善すれば血糖値のコントロールもしやすくなると言えますね。

そのため、血糖値のコントロールと便秘改善の両方からアプローチしていくようにしましょう!

血糖値と便秘を改善するために、次のことを心掛けて下さい。

<食生活の見直し>

血糖値のコントロールをするためには、食べ過ぎないことが大切です。

便秘している方の中には、「便を出すために、敢えて食べている」という方がいらっしゃるかもしれませんが、これは逆効果になります。

そして、糖質を控え、食物繊維が豊富な、野菜、きのこ類、未精製のもの(玄米、ライ麦パンなど)を優先的に食べるようにして下さい。

食事の最初に食物繊維(主に野菜)や乳製品(ヨーグルトや牛乳)を摂取すると、食後の血糖値が上がりにくくなりますので、便秘解消のためにも、食事の際には野菜や乳製品などを添えるようにしましょう。

ただ、食物繊維の取り過ぎは消化不良を起こし、逆に便秘を悪化させてしまうこともあるそうです。

腸内で停滞している便の動きをスムーズにしたいときは、便の滑りをよくするオリーブオイルを摂取してみましょう。

オリーブオイルには糖質が含まれませんので、血糖値を上げない便秘解消アイテムとして役立つと思います。

また、便が固くなり過ぎないよう、こまめな水分補給を忘れないで下さい。

もちろん、ジュースやコーヒーは水分補給に適しませんのでご注意を。

<こまめに動く>

筋肉は、インスリンの力を借りずに血液中の糖を消費してくれますので、血糖値を下げるには「筋肉を使う」ことが効果的です。

適度な運動は、腸を刺激して便意を促すだけでなく、自律神経を整えたり、ストレス発散効果もありますので、結果的に便秘が解消されやすくなります。

<便意を感じたらすぐトイレへ>

便秘の人は、便意を感じる回数が少ないわけですから、少しでも便意を感じたら我慢せずトイレへ行きましょう。

便意を我慢すること自体、身体へのストレスとなりますので、血糖値にはよくありません。

「高血糖」を招く便秘を改善するならコチラ!

便秘解消にオリゴ糖が効果的?

「高血糖による便秘」

「便秘による高血糖」

この両方を改善していくためには、食事や運動やストレス解消など、やるべきことがたくさんあります!

現代に生きる忙しい女性にとって、すべてをこなすのは大変ですよね?

そんな「高血糖で、便秘がちな、忙しい女性」にとってのお助けアイテムに「オリゴ糖」があるのをご存じですか?

腸内に住む善玉菌の餌となるオリゴ糖には、「善玉菌を増やして悪玉菌を減らす働き」があります。

一般的に、ヨーグルトなどの発酵食品に含まれる善玉菌(ビフィズス菌や乳酸菌など)は「腸内環境を整える」と言われていますが、善玉菌には、悪玉菌を減らす働きはありません

また、善玉菌は酸(胃酸)に弱いため、善玉菌そのものを摂取しても、腸まで届くことが難しく、「ヨーグルトを食べても便秘が改善されない」というケースが起こりえます。

オリゴ糖であれば、腸までしっかり到達して善玉菌のエサとなり、腸内環境を乱すモト(悪玉菌)を断つことができるのです!

こうして見ると、便秘には、「善玉菌」を摂取するより、「オリゴ糖」を摂取した方が効果が高いと思われます!

オリゴ糖は血糖値を上げないの?

便秘を解消するには、善玉菌や食物繊維より「オリゴ糖」が有効だと思うのですが、オリゴ糖はどんな食品に含まれているのかご存じですか?

オリゴ糖の含有量が多い食品と言えば、バナナ、ごぼう、あずき、たまねぎなどが上げられます。

「便秘のときはバナナを」と言われるのは、バナナに含まれる食物繊維の効果というより、オリゴ糖の効果によるものなのですよ!

しかし、オリゴ糖の多いこれらの食品は「糖質が多い」のも事実です!

オリゴ糖を摂取するために、糖質まで過剰に取ってしまっては、血糖値が上がってしまいますよね?

そう考えると、オリゴ糖は食品から摂取するのではなく、「オリゴ糖そのまま」で取った方がよいでしょう。

そこで気になるのは、「オリゴ糖は、血糖値に影響を与えないのかどうか」ではありませんか?

オリゴ「糖」というくらいですから、血糖値が上がりそうな気がしますが(汗)。

しかし、オリゴ糖は「血糖値を上げにくい糖」とされているので安心して下さい!

オリゴ糖にはいくつか種類がありますが、中でも消化しにくい「難消化性」のオリゴ糖であれば、小腸で吸収されにくいため血糖値を気にせずに摂取できるそうです。

「難消化性のオリゴ糖」とは、

・フラクトオリゴ糖

・ガラクトオリゴ糖

・キシロオリゴ糖

・大豆オリゴ糖

・ビートオリゴ糖(ラフィノース)

・乳果オリゴ糖(ラクトスクロース)

ですので、これらのオリゴ糖を中心に摂取するようにしましょう。

要注意!血糖値が上がるオリゴ糖食品もある?!

オリゴ糖のGI値は「10」とされており、血糖値を上げにくい糖であることが証明されています。

しかし、スーパーなどで販売されているオリゴ糖食品の中には、血糖値を上げてしまうものもあるのです!

それは、オリゴ糖に「砂糖」や「甘味料」が添加されたオリゴ糖食品です。

また、オリゴ糖シロップの中には、オリゴ糖の含有率が30~50%程度しか入っていないものが多く、便秘解消どころか「砂糖と同じ、ただ甘いだけ」な商品もあります。

そのため「オリゴ糖なら何でもいい」というわけには行かないのです!

オリゴ糖を選ぶ際は「オリゴ糖以外の材料が含まれていないかどうか」しっかり確認するようにしましょう。

血糖値にも安心?『カイテキオリゴ』をお勧めするワケは?

高血糖&便秘でお困りのみなさん!

『カイテキオリゴ』をご存じですか?

『カイテキオリゴ』は、オリゴ糖含有率90%以上、ほぼ100%のオリゴ糖です。

『カイテキオリゴ』は、北海道産の甜菜から抽出された、難消化性のビートオリゴ糖(ラフィノース)が主原料のオリゴ糖なので、血糖値を上げにくいのが特徴です。

オリゴ糖は善玉菌のエサにあることは先ほど述べましたが、実はオリゴ糖と善玉菌には相性があり、相性が悪いと腸内環境の改善に効果が期待できないのだそうです。

その点、『カイテキオリゴ』は、どのタイプの善玉菌にも合うよう独自でオリゴ糖の配合率を開発しているので、あなたの善玉菌だけでなく、ご家族みんなの善玉菌を増やすことに役立ちます!

もちろん、添加物は一切使用されていないため、赤ちゃんの便秘対策にも使えるほど体に優しく、食品の安全性が気になる方にもお勧めです。

『カイテキオリゴ』のお勧めな使い方は?

『カイテキオリゴ』は、パウダー状で、ほんのり甘い味に仕上がっています。

そのため、血糖値を上げることなく、砂糖と同じように甘味を味わうことができます。

例えば、

◇コーヒーや紅茶に!

◇プレーンヨーグルトに!

◇手作りお菓子に!

このような使い方をすれば、ほんのりした甘味を楽しみながら便秘を解消することができるでしょう!

また、食事をテイクアウトで済ませたいときや、野菜不足を感じているときなどは、インスタントスープに入れたり、煮物や炒め物に入れてもいいですね。

このように、あなたの食事に『カイテキオリゴ』を上手に取り入れていけば、無理なく便秘改善が期待できると思います!

『カイテキオリゴ』で便秘が改善されたら?

『カイテキオリゴ』で「高血糖による便秘」が解消されれば、便秘によるイライラやストレスが減って、結果的に血糖値が上がりくくなるのではありませんか?

『カイテキオリゴ』で便秘が解消され、気持ちまで軽くなれば、自然と日々の活動量や運動量が増えて行き、血糖値が下がりやすくなるでしょう!

『カイテキオリゴ』で便秘が改善されれば、膵臓への負担が軽くなり、インスリンの働きが改善される気がしませんか?

つまり、『カイテキオリゴ』は血糖値のコントロールにも役立つということです!

そして、『カイテキオリゴ』で便秘や血糖値が改善されれば、肌がきれいになったり、頭痛や肩こりが軽減されたり、全身の健康状態がよくなってくるかもしれません!

日本一売れているオリゴ糖『カイテキオリゴ』で、「血糖値と排便リズムのコントロール」を始めませんか?

「高血糖」を招く便秘を改善するならコチラ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする