ブドウ糖とは何か?砂糖?炭水化物?ぶどう?添加物?

「ブドウ糖」という言葉を聞いたことがありますか?

ブドウ糖と聞くと、勉強や仕事で頭が疲れて来た時に「ブドウ糖が切れてきた!」「甘いものを食べてブドウ糖を補給しよう!」というシーンを思い出す方もいらっしゃるかもしれませんね。

血糖値の悩みとは無縁だと思っていた私にとって、ブドウ糖は「砂糖の一種で、脳の栄養源」くらいの貧しい知識しかありませんでした。

確かにこれは間違いではないのですが、調べれば調べるほど、「ブドウ糖は、私たちの体にとってとても大切なものであり、欠かせない栄養素」であることを知ってしまいました!

(とは言え、私はブドウ糖を控えなければいけないのですが・・・)

今回は「ブドウ糖っていったい何なのか」「どんな働きがあるのか」「どんな食物に含まれているのか」「ブドウ糖の由来」など、ブドウ糖について総合的にご紹介していきます。

スポンサーリンク

ブドウ糖って?簡単に言うと何なの?

ブドウ糖は、その名の通り「糖」であり、単糖類の仲間の一つです。

※単糖類とは、これ以上分解されない、最小の単位のことです。

そして、ご飯や砂糖、はちみつ、果物などに含まれる栄養素の一つです。

砂糖は、ブドウ糖と果糖がミックスされたものなので、「ブドウ糖=砂糖」ではなく、ブドウ糖は「砂糖の原材料」ということになります。

また、私たちは、ブドウ糖を食物から摂取するだけではありません。

ブドウ糖は、私たちの体内でも生み出されます。

私たちが、ご飯やパン、うどん、パスタなどの炭水化物や野菜などを食べると、胃や腸で消化分解されますが、この分解された一番小さい分子の一つがブドウ糖です。

私たちが食べたものは、腸でブドウ糖の単位まで分解されたのち、体内に吸収されるのです。

ブドウ糖のことを、英語で「グルコース」と言います。

もし糖尿病用語でグルコースという言葉が出てきたら、「ああ、ブドウ糖のことね」と思って下さい。

ブドウ糖の役割とは?不足するとどうなる?

血糖値が高めの私達にとって「ブドウ糖は悪物!」みたいなイメージがありますが、実はブドウ糖は私達の体にとってなくてはならない大切な栄養素なのです!

ブドウ糖は体の中で次のような働きをしています。

<全身のエネルギー源>

食物から体内に取り込まれたブドウ糖は、腸で吸収されたのち、筋肉や内臓や神経など全身のエネルギー源として使われます。

そのため、ブドウ糖が不足すると、体が疲れやすくなります。

通常、筋肉や肝臓では「グリコーゲン」という形でブドウ糖を蓄えており、ブドウ糖が不足した際は、これを予備のブドウ糖として使っています。

もし、食物からブドウ糖を補給せず、予備のブドウ糖ばかり使っていると、筋肉が分解され、筋肉が衰えてきてしまいます。

<脳の栄養源>

脳にとって、唯一の栄養源がブドウ糖です。

一日のうちで、脳が必要とするブドウ糖は150gほどと言われています。

ブドウ糖が不足してくると、集中力がなくなったり、思考力が低下したり、イライラなどの症状が出てきます。

さらには、あくびや脱力感、だるさ、手のふるえなども生じてきます。

「お腹が空いて頭が働かない」「お腹がすくと怒りっぽくなる」というのは本当なのです。

スポンサーリンク

ブドウ糖が多いのは炭水化物?

ブドウ糖は、私たちの体と脳に欠かせない栄養素であることに間違いはありません。

では、ブドウ糖はどのような食品に含まれるのでしょうか?

ブドウ糖が多く含まれる食品といえば、「炭水化物」です。

つまり、ご飯、パン、パスタ、うどん、そば、そうめん、ピザ、小麦製品、はるさめなどが当てはまります。

このほか、じゃがいも、さつまいも、さといもなどのイモ類や、果物全般、かぼちゃやとうもろこしなど一部の野菜などにも多く含まれます。

もちろん、砂糖にはブドウ糖が含まれていますので、砂糖が含まれた料理やお菓子などにも多く含まれます。

このほか、ほとんどの食品には多かれ少なかれ炭水化物が含まれていますので、通常の食事をとっていれば、ブドウ糖が不足することは考えにくいですね。

ブドウ糖とは添加物なの?

最近では、ブドウ糖という文字をよく目にするようになりましたが「ブドウ糖を自宅で使用してみたい!」という方はいらっしゃいませんか?

ブドウ糖は、体内への吸収が早いので、スポーツをする方や、勉強や仕事で頭を使う方の食事やお菓子作りにお勧めです。

ご自身やご家族やお子さんのために、「砂糖の代わりにブドウ糖を使った料理を作りたい!」という方もいらっしゃるでしょう。

そこで気になることが一つ。

ブドウ糖は「食品添加物」なのでしょうか?

いいえ!

ブドウ糖は、食品添加物ではありません!

正真正銘の食品ですので、安心して摂取することができます。

ブドウ糖がメジャーになってきたここ最近では、砂糖のように粉末状になったブドウ糖も売られていますし、栄養補助食品(サプリメント)などもあります。

もし、ブドウ糖を毎日の生活の中に取り入れたいのであれば、ブドウ糖100%のものを選んでくださいね。

ここでもう一つ、注意しておきたいことがあります。

お菓子やジュースの原材料に、「ブドウ糖加糖液糖」と表示されているのを見たことがありますか?

このブドウ糖果糖液糖とブドウ糖は、まったく異なるものです。

ブドウ糖果糖液糖は、ブドウ糖と果糖をシロップ状にした液体甘味料ですが、これは「食品添加物」です。

しかも、糖尿病の原因になりやすい食品添加物ですので、血糖値が正常な人であっても、ブドウ糖果糖液糖の摂取には気を付けなければなりません。

ブドウ糖果糖液糖は、ジュースなどの飲み物だけでなく、ドレッシング、ソース、たれなどにも使われています。

どんなに炭水化物やイモ類などの摂取を控えていても、ブドウ糖果糖液糖が含まれた食品を摂取していては、その努力も水の泡になってしまいます。

ブドウ糖とは「ぶどう」が由来?

ブドウ糖という名前、何からつけられた名前なのか、その由来が気になりませんか?

ブドウ糖は、じつは果物の葡萄からつけられた名前だそうですよ!

その理由は簡単で、果物の中でも、特に葡萄は「ブドウ糖の含有量が多い」からだそうです。

つまり、血糖値が高めの私達にとって、葡萄は危険な食べ物ということですね。

果物の葡萄も、干し葡萄も大好きな私にはショックです(泣)

まとめ

体も頭もスッキリさせるために、ブドウ糖は欠かせない栄養素だということがわかりますね。

むしろ、ブドウ糖が不足するのは危険なことなのです!

脳は睡眠中も働いていますので、特に朝起きた時の脳はブドウ糖が不足している状態です。

そのため、朝食時にブドウ糖が含まれる食品を摂取すると、頭がスッキリし、一日を活動的に過ごせるそうです。

血糖値が気になる私達であっても、朝は適量の炭水化物を摂取した方がいいかもしれませんね。

私は炭水化物が大好きなので、これまでブドウ糖が不足することはなかったと思いますが、現在は血糖コントロールのために、炭水化物や甘いものを控えた生活を行っていますので「ブドウ糖が不足ぎみではないか?」と心配になって来てしまいました。

今のところ、集中力がないとか、異常な脱力感などはありませんが、最近になって物忘れが激しくなった気がします・・・これは年齢のせいでしょうか。

ブドウ糖は体に欠かせないものですが、ブドウ糖果糖液糖は体にとって毒でしかありません!

ブドウ糖果糖液糖は、砂糖に比べて血糖値を上げやすく、血糖値が高い状態が長く続きやすいそうです。

しかも依存性が高いので、ブドウ糖加糖液糖が含まれた食品をやめることが難しくなってしまうのです。

血糖値が高い皆さんは、炭水化物を制限する前に、まずは甘いジュースやシロップ類をやめることから始めてみて下さいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする