【糖質制限】美肌効果があるってホント?

Pocket

糖質制限を始めてから「肌がキレイになった」と感じませんか?

その一方で、「肌が乾燥した」「シワっぽくなった」という意見もあるようです。

私たちの身体は食べた物で作られていますから、糖質制限という食事療法を行うことで肌の調子が変化することは考えられますよね?

しかし、同じ糖質制限をしているにも関わらず、肌の調子がよくなる人もいれば悪くなる人もいるのはなぜでしょうか?

今回は「糖質制限がもたらす肌への影響」について調べてみました。

スポンサーリンク

糖質制限は美肌効果あり?

糖質制限をすると、「肌がキレイになる」という意見が多いのをご存じですか?

私の場合、肌の乾燥が気にならなくなりました!

実は、糖質制限には「美肌効果」が期待できるのだそうです。

糖質と肌にはどんな関係があるのでしょうか?

糖質制限で美肌になる理由はこちらです。

<糖化が予防できる>

糖質とたんぱく質が加熱されることで起こる現象を「糖化」といい、糖化によって「老化物質(AGEs)」が発生します。

糖化は、肌のくすみやたるみなどの原因とされているため、糖質制限で糖化を抑えられれば、肌の状態が良くなると考えられます。

糖化については、「糖化とは何?血糖値が高いと老ける?」の記事をご覧ください。

<ビタミン・ミネラルの消費量が減る>

糖質を代謝するためには、ビタミンやミネラルが必要ですので、糖質過多の食生活を行っていると、体内のビタミンやミネラルが不足して行きます。

糖質制限によってビタミン・ミネラルの消費量を減らすことができれば、肌の調子がよくなるでしょう。

<腸内環境が良くなる>

腸内環境を乱す「悪玉菌」は、「砂糖をエサ」として増加して行きます。

糖質の代表である砂糖を控えることで腸内環境が改善されれば、肌荒れ予防になります。

<たんぱく質や脂質の増加>

糖質制限中は、糖質を控える分、「たんぱく質」や「脂質」の摂取量が多くなります。

たんぱく質は肌のモトですし、脂質は肌の潤いを保つために必要です。

また脂質をしっかり取ることによって便秘が改善されれば、便秘による吹き出物なども減っていくでしょう。

<血液がキレイになる>

糖質制限をすると、血液の粘度(いわゆるドロドロ血)が改善され、血流が良くなりますので、肌まで十分な栄養を送ることができます。

また、冷え性が改善されれば、顔の血色がよくなるでしょう。

確かに、私は糖質制限を始めてから冷え性が緩和したと思います。

なぜなら、まわりの女性が「寒い」と言っているときでも、私は「それほど寒いと感じない」ことが増えたからです。

糖質制限中は、肌の老化を促す糖質を控える代わりに、野菜やたんぱく質をメインに取るわけですから、肌がキレイになっていくのは当然だとも考えられますね。

糖質制限を始めてから肌の状態が良くなってきたのであれば「正しい糖質制限」ができている証拠だと思います!

糖質制限で肌荒れが悪化するのはなぜ?

一般的に、糖質制限中は肌がキレイになっていくはずですが、「糖質制限を始めてから肌の状態が悪化した!」という方もいらっしゃるそうです。

肌の状態が悪くなってしまった場合に考えられる原因をご紹介します。

× 正しい糖質制限ができていない

糖質制限で控えるべき食品は、意外とわかりにくかったりしますよね。

「甘いものと主食だけ控えればいい」というわけではないのです。

正しい糖質制限ができていない場合、肌の状態が改善されない可能性があります。

【糖質制限】食べていいのものは?に関連記事を書いています。)

× 脂質を控え過ぎている

糖質とともに、脂質も控えていませんか?

ダイエットのためにオイルカットをしていると、乾燥肌の原因となります。

肌が乾燥すると、肌のバリア機能が低下しますので、肌が荒れが起こりやすくなるのです。

また、脂質を控えることで便秘になり、肌の状態に悪影響を及ぼすことが考えられます。

× 質の悪い油

糖質制限中は脂質を控える必要はありませんが、「酸化した油の取り過ぎ」はよくありません。

酸化した脂質は、腸内環境を悪化させますので、スーパーのお惣菜やコンビニ弁当などを多用している方は注意が必要です。

腸内環境の悪化は、肌荒れを招きます。

× 急激な体重減少

糖質制限はダイエット効果が高い食事療法ですが、急な体重減少は「シワ」や「たるみ」を招きます。

肌のツヤも失われ、やつれて見える可能性もあります。

× 栄養バランスの偏り

糖質を控えるあまり、「あれもダメ、これもダメ」と食事制限まで行っていると、タンパク質やビタミン・ミネラルなど「肌に必要な栄養素が不足」してしまうケースもあります。

糖質制限で栄養不足になると肌の状態が悪くなります。

× 食べ過ぎ

糖質制限のメリットは、「糖質以外の食事制限をしなくていいこと」ですが、食べ過ぎはよくありません。

食べ過ぎて胃腸に負担がかかっていると、肌へ悪影響を及ぼす可能性があります。

特に、口元にニキビや口角炎ができている場合は、胃腸が疲れているのかもしれません。

× 人工甘味料の摂取

「血糖値を上げない」とされている「人工甘味料」は、「カロリー0」や「糖質オフ」と表示されている食品に多用されていますが、人工甘味料は腸内環境を悪化させるというデメリットがあるのだそうです。

つまり、血糖値コントロールのために「人工甘味料が使用された加工食品ばかり」を摂取していると、腸内環境が悪くなり、肌の状態が悪化すると考えられます。

糖質制限中の美肌を目指すには?

正しい糖質制限を行えば、血糖値のコントロールだけでなく美肌を目指すことも可能です!

糖質制限のメリットを最大限に生かすために、次のことを意識しましょう。

◇「糖質が多い食品」をしっかり認識して控える

◇たんぱく質と脂質は控えない

◇良質な脂質を取るようにする

◇人工甘味料はなるべく取らない

◇ストレスを軽減する

◇睡眠時間を確保する

仕事や育児などのストレスだけでなく、糖質制限による「食へのストレス」が溜まっている場合は、適度に息抜きすることも大切です。

また、睡眠不足は美肌だけでなく、血糖値にも悪影響を及ぼします。

糖質制限をしているのに「肌も血糖値も改善されない(泣)」ということがないよう、睡眠時間にも注意しましょう。

(「高血糖の原因はストレスだった!?」「睡眠中は血糖値が上昇する?血糖値と睡眠の関係は?」に関連記事を書いています。)

おわりに

冒頭でも書きましたが、私は糖質制限を始めてから肌の乾燥が気にならなくなりました。

おそらく、肉を食べる量が増えたと同時に、脂質の摂取量も増えたせいだと思います。

糖質制限をしてわかったことは、(極端に食べ過ぎない限り)脂質は太る原因にならないということです。

私は、油を使った炒め物もよく食べますし、肉の脂身や鶏皮などもよく食べますが、体重増加の傾向はないため、「油=太る」というこれまでのダイエットの常識が覆されました。

おそらく、「糖質+脂質」は「痩せないうえ、肌荒れの原因にもなりやすい」のだと思いますが、「脂質のみ」であれば「太らないし肌も潤う」のだと思います。

糖質制限中は、ぜひ「脂質を味方」に付けて美肌を目指してほしいと思います!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする