妊娠中の高血糖の原因とは?妊娠糖尿病は私のせい?

妊娠前は、「自分の血糖値など考えることもなければ、興味を持つことすらなかった」というみなさん。

もしあなたが「妊娠糖尿病」と診断されたら・・・。

「なぜ自分が妊娠糖尿になってしまったのだろう?」と一番に考えますよね?

「あの時○○をしたせいかしら」「△△をしなかったからかしら」と自分を責めている方もいらっしゃるかもしれません。

妊娠糖尿病を発症するには、もちろん原因があります。

妊娠糖尿病の原因にはいくつかあって、自分で予防できるものもあれば、防ぎようがないものもあります。

そのため、妊娠糖尿病になってしまったことを「仕方がない」と割り切ることも必要です。

これからあなた自身ができることは、「妊娠糖尿病に関する知識を増やし、無事に出産を終えるまで血糖値をコントロールし続けることだけ」です!

妊娠糖尿病になった自分を”無駄に”責め続けないためにも、妊娠糖尿病の原因を知っておくといいでしょう。

今回は「妊娠糖尿病の原因」についてご紹介して行きます。

スポンサーリンク

妊娠中に血糖値が高くなる原因は?

「妊娠してから甘いモノばかり食べていたから?」「つわりで寝てばかりいたから?」と、妊娠糖尿病の原因を「自分のせい」だと思い込んでいる妊婦さんもいらっしゃるのでありませんか?

実は、妊娠糖尿病は「あなたのせい」ではありません!

もちろん、食事を含めた「生活習慣」や「肥満」などは、妊娠糖尿病のリスク要因であることは確かです。

しかし、妊娠糖尿病の主な原因には「体質」が大きく関係しています。

妊娠中は、「誰でも」血糖値が上がりやすい状態です。

その原因は、胎盤から出されるホルモンにあります。

胎盤というのは、妊娠すると形成が始まり、出産と同時に体外へ排出される「妊娠中のみ存在する器官」であり、胎盤には「母体から赤ちゃんへ栄養や酸素を送ったり、二酸化炭素を受け取ったりする働き」があります。

そしてこの胎盤には、「ホルモンを出すという働き」もあります。

胎盤から出されるホルモンにはいくつか種類がありますが、その中には、”インスリンの働きを弱めてしまうホルモン”もあるのです。

このホルモンが分泌されることにより、妊娠中は誰もが血糖値が上がりやすくなってしまいます。

では、なぜ「ほとんどの妊婦さんが高血糖にならないのか?」というと、妊娠中は”インスリンの働きを弱めるホルモン”を上回る量のインスリンが分泌されるからだそうです。

その量は、なんと通常の3倍だそうです!

こうして、”インスリンの働きを弱めるホルモン”が出されても、ほとんどの妊婦さんは血糖値を正常に保つことができています。

しかし、”インスリンの働きを弱めるホルモン”を上回るほどのインスリンを分泌することができず、血糖値が高くなり過ぎてしまう妊婦さんが1割ほどいらっしゃいます。

ここに当てはまる方が、妊娠糖尿病を発症してしまう方々です。

つまり、妊娠糖尿病の主な原因は「膵臓におけるインスリンの分泌能力の強さ」が関係しており、簡単に言えば「体質」だと言えます。

そのため、妊娠糖尿病になりやすい体質を持っている方であれば、たとえ痩せ形の妊婦さんであっても高血糖になってしまうということです。

妊娠糖尿病になりやすい人って?

妊娠中は誰でも血糖値が高くなりやすいため、誰でも妊娠糖尿病をリスクを持っていると言えます。

しかし、妊婦さんの中でも「特に妊娠糖尿病のリスクの高い方」がいらっしゃいます。

一般的に、妊娠糖尿病になりやすい人は、

・35歳以上での妊娠の方

・糖尿病の家系の方

・肥満の方

・巨大児の出産経験がある方

・原因不明の流産や早産、子宮内胎児死亡を繰り返した経験のある方

と言われています。

上記に一つでもあてはまる方は、「妊娠糖尿病になりやすい」という自覚を持ち、妊娠初期のうちから、必要な検査や適切な処置を行うことが重要です。

妊娠中の高血糖を防ぐためには?

妊娠糖尿病と診断された時には、医師や栄養士から以下のような指示を受けます。

ほとんど、一般的な糖尿病の治療と同じような内容です。

<食事>

◇糖質を摂りすぎない

芋類など、糖質の多い野菜にも注意して下さい。

(「野菜でも血糖値が上がる!野菜の食べ過ぎはダメ?」に関連記事を書いています。)

◇薄味を心がける

濃い味は、ご飯の食べ過ぎに繋がります。

◇食物繊維の多い野菜から先に食べる

食物繊維は、腸内における糖質の吸収を抑制し、食後の血糖値の急上昇を抑制する働きがあります。

血糖値抑制成分と食物繊維が含まれたお茶を習慣にすることも効果的です。

(「高血糖の原因は食事にあり?血糖値を下げる食事療法は?」「『食べる順番』汁物や野菜ジュースは血糖値に効果なし?!」に関連記事を書いています。)

◇3食バランス良く!

欠食はドカ食いやため食いを招きますし、間食は食べ過ぎに繋がります。

◇6分食

1回に食べる食事の量を、半分に分けて食べる食事療法です。

つまり、1日3食分を6食に分けて食べます。

分割食のメリットは「高血糖を避けながら、必要な栄養を取ることが出来る」という点にあります。

食事制限をしてはいけない妊婦さんにお勧めの食事療法だと言えますね。

<運動>

◇有酸素運動

ウォーキングや水中ウォーキングなど、いわゆる「有酸素運動」がよいそうです。

ただ妊娠中の運動は、お腹が張る原因となったり、流産や早産のリスクを伴うケースもありますので、運動を行う際は必ず主治医と相談して下さい。

◇食事から30分~1時間後に始める

運動のタイミングは、食後30分〜1時間が経過し「血糖値が上がったタイミング」で始めると効果的です。

血糖値をすぐにでも下げたい気持ちはわかりますが、食後すぐに始めるのは控えて下さいね。

(「食後の血糖値を下げる運動は食後いつする?」に関連記事を書いています。)

◇1回あたり20分程度行う

運動は20分間行うと、血糖値が下がりやすくなります。

◇運動は毎日行う必要はない

運動は毎日行う必要はありません。

週3回くらいでも血糖値には効果的です。

血糖値のコントロール方法は一般的な糖尿病の方と同じですが、あくまでも「妊娠中」ですから体の状態は同じではありません。

そのため「自己流で行うことはしない」「医師の指導のもとに行う」「決して無理はしない」ことを忘れないで下さいね。

スポンサーリンク

妊娠糖尿病は治るの?次の妊娠でも繰り返す?

”インスリンの働きを弱めるホルモン”を出す胎盤は、出産時に母体の外に出ます。

そのため、出産後は血糖値が正常に戻る方がほとんどだそうです。

特に、妊娠期間中にインスリン治療を行わず、食事療法と運動療法だけで血糖値をコントロールできた妊婦さんは、産後の血糖値はもとに戻りやすいそうです。

しかし、一部の方においては、産後も血糖値が高いままの状態が続いて「糖尿病へ移行」してしまったり、通常よりも糖の代謝能力が悪くなって「境界型糖尿病」と診断されることもあるそうです。

また、次回妊娠した際、再び妊娠糖尿病を繰り返すかどうかは「わからない」のが現状だそうです。

本当の糖尿病になってしまう前に、そして妊娠糖尿病を再び繰り返すことのないよう、普段から食事や運動に気を付け、膵臓に過剰な負担をかけない生活を送るようにして下さいね。

おわりに 

妊娠糖尿病は、妊娠中期の検査で見つかることが多いそうです。

妊娠中期と言えば、つわりが治まり、ようやく「マタニティライフを楽しむぞ!」と思える時期ですよね?

それなのに妊娠糖尿病になってしまうなんて!

妊娠糖尿病と診断された妊婦さんは、とてもショックを受けていることと察します。

妊婦さんの中には、「インスリン治療に抵抗がある方」もいらっしゃるかと思いますが、食事や運動を行っても、思うように血糖値のコントロールができないときは「潔くインスリンの注射を打った方が、食べ物に関してはストレスなく過ごせる!」とおっしゃっている経験者の方もいます。

もしあなたが血糖値のコントロールがうまくいかずに不安な気持ちを抱えているのであれば、治療法について見直してみるといいかもしれませんね。

いずれにせよ、妊娠糖尿病の原因はあたなのせいではないのですから、くよくよ自分を責めることなく、前向きに治療に取り組んでいってほしいと思います!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする