インスリン分泌量が少ない?食事と運動で増やせる?

血糖値にお悩みのみなさん!

血糖値を下げるホルモンは「インスリンたった一つ」であるのをご存じですか?

つまり「血糖値が高い!」「なかなか下がらない!」という場合、その原因は「インスリンの分泌が足りない」のかもしれません!

なぜ、インスリンの分泌量が少なくなってしまうのでしょうか?

少なくなってしまったインスリンの分泌量を、増やすことはできるのでしょうか?

今回は「インスリンの分泌量が低下している場合、その原因と改善」についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

インスリンの量が少ない!インスリン分泌不全の原因は?

インスリンの働きをご存じですか?

インスリンとは、「血糖値を一定に保つ働き」や「血糖値を下げる働き」があります。

そのため、もしあなたが高血糖で悩んでいるのであれば、それは「インスリンに何らかの問題がある」と考えられます。

血糖値が下がりにくい原因には、

・インスリンの分泌が少ない

・インスリンは分泌されているものの、インスリンの効きが悪い

・インスリンは分泌されているものの、インスリンの量を上回るほどのブドウ糖を食事から摂取している(=食べ過ぎ)

のいずれかが考えられます。

この中でも「インスリンの分泌が少ない」ことを、インスリン分泌不全と言います。

※「インスリンの効きが悪い」ものを「インスリン抵抗性」と言いますが、インスリン抵抗性については、「『インスリン抵抗性』とは何?原因は?」の記事をご覧ください。

では、なぜインスリンの分泌量が少なくなってしまうのでしょうか?

インスリン分泌不全の原因はこちらです。

<糖質の過剰摂取>

血糖値を上げるのは「糖質」です。

糖質を摂取すると、血糖値が大きく上がるため、上がった血糖値を下げようとインスリンが大量に分泌されます。

つまり、インスリンを分泌する「膵臓」は、食事のたびにフル回転している状態です。

このように、毎日、毎食、膵臓をフル回転させていると、やがて膵臓は疲れ切ってしまい、インスリンを分泌できなくなります。

<肥満>

肥満は、「インスリン抵抗性」を高める原因であり、インスリンが効きにくい体になります。

インスリン抵抗性ができると、膵臓では「インスリンを出しているのに血糖値が下がらない!もっと多くのインスリンを分泌しなければ!」とさらに多くのインスリンを分泌しようと働きます。

このようなインスリンの過剰な分泌が長期にわたって続くことで、膵臓は疲れ切ってしまい、やがてインスリンを分泌できなくなります。

<遺伝>

食生活や肥満に関わらず、もともとインスリンの分泌量が少ない体質というものもあるようです。

特に、アジア人は、欧米人と比べるとインスリンの分泌量が少な目だと言われています。

残念ながらある日本人は、インスリン分泌不全になりやすい体質のようです。

このように、インスリン分泌不全を招く原因は、主に「膵臓の機能の低下」と「遺伝」によるものだと考えられます。

インスリンの分泌が少ないと必ず糖尿病になる?

「インスリンの分泌量が少なくなってきた」というのは、糖尿病へ一歩近づいているサインです。

なぜなら、インスリンの分泌量が低下し始めると、初期のうちは「インスリンの追加分泌」が低下し「食後の血糖値」が下がりにくくなりますが、これを放置していると、やがて「インスリンの基礎分泌」も低下していくため、「空腹時の血糖値」も下がりにくくなります。

こうして、慢性的に血糖値が下がらない状態が「糖尿病」だからです。

では、インスリンの分泌量が減ってきたら、必ず糖尿病になってしまうでしょうか?

いいえ!

糖尿病一歩手前であれば、糖尿病を防ぐことができます!

糖尿病を招くのは、インスリンの分泌量の低下に加え、食べ過ぎ、運動不足、ストレスなどの生活習慣が重なったときです。

そのため、インスリンの分泌量が低下している方は、インスリンの無駄使いをしないよう生活習慣を見直してみましょう。

少ないインスリンを大切に使うために気を付けたいことはこちらです。

<食べ過ぎに気を付ける>

食べ過ぎは、インスリンの無駄使いになります。

なぜなら、「食べ過ぎる ⇒ 血糖値が大きく上昇する ⇒ インスリンが大量に分泌される」からです。

あなたのインスリンで血糖値を下げられる分の食事量を、もう一度考えてみましょう。

<間食を控える>

間食やちょこちょこ食べは、「食べるたびにインスリンが分泌される」と言うことです。

場合によっては、一日中インスリンが分泌されている方もいらっしゃるのでは?

食事は1日3回で十分です。

インスリンを節約するためには、間食を控え、食事の時間も決めるようにしましょう。

<運動を行う>

運動すると、血糖値が速やかに下がります。

なぜなら、筋肉は血液中のブドウ糖のうち80%近くをエネルギーとして消費してくれるうえ、インスリンの力を必要とせずに、ブドウ糖を筋肉へ取り込んでくれるからです。

インスリンの無駄使いを減らすために、体を動かすようにしましょう。

<肥満を予防する>

脂肪細胞はインスリン抵抗性を高めてしまうため、肥満の方は、減量するだけでインスリンが効きやすくなります。

インスリン抵抗性が改善されれば、少量のインスリンでも血糖値を下げることができ、インスリンが節約できます。

太り気味の方は、少しでも減量してみましょう。

(「インスリン抵抗性は食事で改善できる?」に関連記事を書いています。)

 

スポンサーリンク

インスリンの分泌量を増やす食品はある?

ご説明したように、すでにインスリンの分泌量が低下している方は、インスリンの無駄使いをやめることが大切ですが、さらにインスリンの量を増やすための食事をしてみませんか?

なんと、インスリンを増やすと言われている栄養素があるのです!

これらの栄養素を摂取すれば、インスリンの分泌量を増やせるかもしれません!

インスリンに関わる栄養素はこちらです。

<タウリン>

タウリンという栄養素をご存じですか?

私の中では「タウリンは、中年男性が飲む栄養ドリンク剤に含まれている成分」というオヤジくさいイメージがあったのですが、実はタウリンは、インスリンの分泌量を増やす働きがあるそうです!

タウリンは、タコ、イカ、貝類など魚介類に多く含まれているため、肉食中心で魚をあまり食べないという方は、タウリン不足かもしれません。

私も、どちらかというと肉食なうえ、タコやイカや貝類が苦手なので、タウリンが足りていない気がします・・・。

タウリンには、インスリンの量を増やすだけでなく、老化の原因である「糖化」を防ぐ働きもあるそうです。

タウリンはオジサンだけでなく、美と健康を気使う女性にとっても必須の栄養素なのですね!

<亜鉛>

亜鉛は、しばしば耳にする栄養素ですよね?

実は、亜鉛はインスリンを作るための成分なのです!

亜鉛は、インスリンの合成&分泌に関わる栄養素なので、亜鉛が不足すると高血糖の原因になります。

つまり、膵臓の機能が回復しても、インスリンの原料である亜鉛不足であれば、インスリンを作り出すことが出来ないということです。

「亜鉛不足は、糖病病の発症原因の一つ」とも言われているほどですので、十分な亜鉛を摂取しておくことは、インスリンの分泌量を増やし、糖尿病を予防することに繋がると考えられます。

亜鉛は、牡蠣、レバー、卵、納豆など、たんぱく質に多く含まれているほか、玄米や雑穀米など、未精製の食品にも含まれています。

白米や精製された食品ばかり食べるようになった現代人は、亜鉛が不足しがちですので、亜鉛が含まれた食品を積極的に摂取するようにしましょう。

<クロム>

クロムという名前を聞いたことがありますか?

理科の授業で出てきそうな名前ですが、クロムというのはミネラルの一種であり、インスリンと結合して、血液中のブドウ糖を細胞内へ取り込む働きをしています。

つまり、クロムはインスリンの働きを促進してくれますので、血糖値を下げるために欠かせない栄養素なのです。

クロムは、インスリンの分泌量を増やすだけでなく、インスリン抵抗性の改善に役立つ栄養素だと言えます。

クロムは、肉類、魚介類、チーズ、豆類、昆布、ひじきなどに多く含まれていますので、通常の食事をしていれば不足することはありません。

こうして見ると、インスリンに関わる栄養素は「ミネラル」のようですね。

つまり、「ミネラル不足は糖尿病を招く」と言えそうです。

ミネラルを十分に摂取するためには、バランスのいい食生活が欠かせませんが、これが意外と難しいものです・・・。

そんな方は、血糖値に効果的なミネラルが含まれたアイテムの活用をお勧めします。

まとめ

インスリンを作る栄養素があるなんて、まるで夢のようですが、タウリンや亜鉛を摂取するだけでインスリンの分泌がよくなるわけではありません!

これらのミネラルを摂取することに加え、血糖値を上げる糖質を控える、食べ過ぎを抑える、早食いを改める、など総合的に食生活を見直していく必要があります。

これまで、私達が「好きな物を、好きなだけ」食べるたびに、膵臓は過酷に働いてきてくれました。

これからは、私たちが膵臓を守ってあげる番です!

体質的にインスリンの分泌量が低下している場合や、膵臓が完全にダウンしてしまった場合は、残念ながら回復することはできませんが、もし膵臓にまだ力が残っているのであれば、インスリンの分泌能力が回復するかもしれませんよ!

疲れた膵臓を休ませ、インスリンの分泌機能をもとに戻すために、私も食生活を見直して行こうと思います!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする