高血糖は免疫力低下の原因?感染症リスクを上げる?

Pocket

最近、風邪を引きやすくなった・・・。

風邪を引くと長引く・・・。

虫歯が増えた・・・。

水虫になった・・・。

など、以前に比べて「体が弱くなったかも?」と感じることがありませんか?

その変化は、もしかしたら高血糖のサインかもしれません!

実は、高血糖が続くと免疫力が下がり、風邪などの感染症にかかりやすくなるのだそうです。

またその逆もあって、免疫力が下がり感染症にかかると高血糖を招きやすくなるとも言われています。

たとえ高血糖だったとしても、自覚症状がない場合はついつい血糖コントロールをさぼりがちになってしまうかもしれませんが、高血糖を放っておくと確実に健康を蝕んで行くということですね。

今回は「高血糖と感染症との関係」についてご紹介して行きます。

スポンサーリンク

高血糖だと感染症のリスクが上がるのはなぜ?

血糖値が高くなってから、「風邪」や「インフルエンザ」にかかりやすくなったり、「虫歯」が増えたという方はいらっしゃいませんか?

また、人には言いにくい「水虫」や「カンジダ」など・・・。

実は高血糖が続くと、ウイルスや細菌などに感染するリスクが大幅に上るのだそうです。

さらに、ウイルスや細菌に感染した場合、症状が悪化しやすく、高血糖でない方と比べて回復も遅くなると言われています。

なぜ、高血糖になると感染症のリスクが上がり、回復が遅れてしまうのでしょうか?

その理由について詳しく見て行きます。

免疫力(免疫反応)が下がるから

私たちの体は、細菌やウイルス感染すると「抗体」と言うものを作り、これ以上同じ細菌やウイルスに感染しないように働きます。

この働きを「免疫力」や「免疫反応」と呼びますが、実は高血糖になると「免疫力が低下」してしまい、細菌やウイルスなどの「外敵」に感染しやすくなるのです。

好中球の働きが悪くなるから

「好中球」とは白血球の一種であり、細菌やウイルスなどの外敵を食べる(貪食機能)細胞です。

高血糖になると、好中球の貪食機能を低下させます。

血流が悪化するから

高血糖になると血液の濃度が濃くなり、いわゆる「ドロドロ血」と呼ばれる状態になります。

ドロドロ血になると血流が悪くなり、毛細血管内まで血液が行き届かなくなってきます。

血流が悪いということは、栄養や酸素が体に行き渡りにくいということですから、その結果体調の回復が遅くなり、内臓の働きが弱まったりして、ウイルスや細菌に感染しやすくなるのです。

また、治療のために薬を服用しても、薬の成分が全身に行き渡りにくいため、薬の効果が出にくくなり回復に時間がかかります。

感染したことに気付きにくい

糖尿病を発症すると、神経を痛めてしまうことがあります。

神経にダメージを受けると痛みを感じにくくなるため、感染症による痛みや炎症に気付くのが遅れてしまいます。

症状が悪化してから感染症を発見した場合、治療の時間が長引き完治するまでに時間を要することになります。

スポンサーリンク

感染症があると高血糖になる?

細菌やウイルスなどの感染症にかかると、私たちの体はさまざまなホルモンやサイトカインと呼ばれるものを分泌して感染源から体を守ろうとします。

体を守ろうとするこれらの体内物質には、

・インスリン抵抗性を持つ

・インスリンの分泌量を減らす

・インスリン拮抗ホルモンを分泌する

・肝臓で行われる糖新生をより活発にさせる

などの働きがあるため、血糖値が上がりやすくなるのだそうです。

「感染症にかかると血糖値が上がる」という症状は、健康な方でも同じですが、健康な方の場合は、血糖値が上がった分インスリンも多く分泌されますので、血糖値が異常値を示すことはありません。

ただ、糖尿病患者さんや既にインスリン抵抗性がある高血糖の方の場合は、十分なインスリンが分泌されないため、血糖値が上がってしまうのです。

一説によると、感染症にかかった時の血糖値は「平常時の3割増」になるそうですから、もともと血糖値が高い方はあっという間に基準値を超えてしまいそうですね。

「発熱」は感染症や炎症のサイン?

誰でも年に1度くらいは熱を出すことがあるでしょう。

このような発熱は、感染症や炎症の典型的な症状のうちの一つです。

健康な人であれば、熱を出しても1~2日で自然と治まるものですが、高血糖の方が「発熱を伴う感染症」にかかった場合は、注意が必要です。

高血糖の方が気を付けるべき「発熱を伴う感染症」には以下のようなものがあります。

・風邪

もっともありふれた病気である風邪は、立派な感染症です。

風邪は、喉や鼻などの呼吸器や、胃や腸などの内臓などに炎症を起こします。

たかが風邪と甘く見ていると「気管支炎」などの疾病を招くこともあるため、くれぐれも悪化させないようにして下さい。

・尿路感染症

尿路感染症とは、「膀胱炎」「腎盂炎」「腎盂腎炎」などの感染症を言います。

尿路感染症の主な症状は、排尿時のひどい痛み、血尿、濁った尿、背中の痛み、そして発熱があります。

男性よりも女性の方が感染しやすい病気です。

尿路感染症の場合、病院に行くことに抵抗のある女性は多いかと思いますが、軽症であれば薬を服用すれば回復しますので、気になる方はなるべく早く病院へ行きましょう。

このほか、水虫やカンジダ、虫歯や歯周病など「発熱を伴わない感染症」もありますが、いずれも高血糖の方は「感染しやすく、治りにくい」という傾向にあります。

もしも感染症に気付いたら早めに治療を行うとともに、もう一度血糖値コントロールについて見直してみましょう。

おわりに

高血糖の方が感染症にかかると、さらなる高血糖を招きます。

そんな悪循環を防ぐためにも、普段から感染症の予防を心掛けましょう。

また、体調が悪いと感じたら我慢せず、身体を休めていち早く回復に努めるのも効果的です。

私は「高血糖だから感染症にかかりやすい」という自覚はありませんでしたが、「糖質制限を始めてから風邪を引きにくくなった」と感じています!

多少喉が痛んだり鼻水が出たり、一晩だけ熱が出ることは年に2~3回はありますが、寝込んだり病院へ行くことはありません。

また、職場や子供達の学校や家族内で風邪が流行っているにも関わらず、「私だけ移されない」ということもよくあります。

これも糖質制限のおかげではないかと思っています。

高血糖は、高血糖そのものが怖いわけではありません。

高血糖による合併症や感染症が怖いのです。

そんなリスクを最小限に抑えるためにも、やっぱり血糖値コントロールは大切なのですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする