○○チョコレートなら食べ過ぎても血糖値を上げない?

血糖値が高いみなさんですから、もちろんチョコレートはお好きですよね(笑)?

「血糖値を上げないために、チョコレートを我慢している!」という方もいらっしゃるのではありませんか?

もちろん私も、高血糖が発覚してからは、チョコレートを食べる機会がグッと減りました(泣)。

そんな涙ぐましい我慢をしているみなさん!

「チョコレートダイエット」なるものがあるのをご存じですか?

チョコレートには、脂質も砂糖も含まれますので、食べ過ぎればもちろん肥満の原因となりますが、チョコレートの中には、血糖値に悪影響を与えず、ダイエットにもつながるチョコレートがあるのだそうです!

そんな魔法のようなチョコレートって、どんなチョコレートなのでしょうか?

今回は、「チョコレートと血糖値の関係」や「血糖値を上げにくいチョコレートの選び方」についてご紹介して行きます。

スポンサーリンク

ダイエットだけではない?!チョコレートと血糖値の関係は?

最近ではチョコレートの「健康効果」が明らかにされて来ており、チョコレートを使ったダイエット法まであるそうですが、さらにチョコレートは「血糖値にも有効に働く」ことをご存じですか?

そんなチョコレートに秘められた血糖値への働きは、チョコレートの原材料である「カカオ」にあります。

なぜカカオが血糖値に有効なのかと言うと、それはカカオに含まれる「ポリフェノール」によるものです。

スペインで行われたマウスを使用した研究によると「カカオポリフェノールの膵臓への作用によって、インスリン抵抗性が改善することが期待できる」と報告されています。

つまり、カカオポリフェノールでインスリン抵抗性が改善されれば、インスリンが効きやすくなり、血糖値が下がると言えます。

また、日本国内の様々な研究機関や専門家の間でも、「カカオポリフェノールによるインスリン抵抗性の改善効果」への期待が高まっており、「カカオの含有率が70%以上のチョコレートを食べ続けた場合、HbA1cの値が低下していく傾向にあった」と話す糖尿病専門医もいらっしゃいます。

(「血糖値だけではない!HbA1cの最新の基準値とは?」に関連記事を書いています。)

カカオの効果でインスリンが効きやすくなり、血糖値が下がりやすくなれば、糖尿病の予防に繋がると言えますね!

チョコレートに含まれるカカオが、血糖値へよい働きをしてくれるなんて、チョコレート好きの女性にとっては、何とも嬉しい事実ではありませんか?

血糖値だけではない?!カカオの健康効果とは?

チョコレートに含まれるカカオポリフェノールの健康効果は、インスリン抵抗性を改善するだけではありません!

カカオポリフェノールが持つ、強い抗酸化作用によって、体内の活性酸素を防ぎ、身体が錆びていく(病気や老化)のを遅らせたり、悪玉コレステロールを減らすことが期待できるそうです。

そのため、カカオポリフェノールは、糖尿病などの生活習慣病の予防に役立つと言えます。

また、カカオポリフェノールの抗酸化作用は、「動脈硬化の予防」や「虫歯や歯周病予防」にも役立つため、糖尿病の合併症を防ぐこともできるのではないでしょうか。

もちろん、肌の老化を遅らせたり、紫外線によるシミしわなどの増加を抑えたり、風邪やアレルギーから身体を守る働きも期待できます。

さらに、カカオには「ミネラル」や「食物繊維」が含まれますので、便秘がちな女性にもお勧めですし、「血管拡張作用」もありますので冷え性の改善にも役立つでしょう。

また、カカオには「ストレスを低減」させ「質のいい睡眠」へと導く働きもあるそうなので、ストレスや睡眠不足からくる高血糖を改善することもできそうですね。

まさに、カカオは「高血糖な女性の味方」ですね!

(「高血糖の原因はストレスだった!?」「睡眠中は血糖値が上昇する?血糖値と睡眠の関係は?」「糖尿病は便秘を招く?血糖値と便秘の関係は?」「血糖値が高いと冷え性になる?」に関連記事を書いています。)

スポンサーリンク

血糖値のためにお勧めなのは○○なチョコレート!

血糖値やダイエットのために有効な成分は、カカオです!

そのため、「カカオの含有率が高いチョコレート」でないと、意味がありません!

目安は、カカオの含有率が70%以上のチョコレートです。

最近では、カカオの含有率が記載されているチョコレートもありますので、このように「○%」と明記されているチョコレートを選べば簡単ですが、もし何も表記されていなかった場合の目安として、チョコレートの「名前・種類・区別」を覚えておくといいでしょう。

<ダークチョコレート>

カカオの含有量70%~90%のチョコレートを言います。

私たちが食べるべきチョコレートはダークです!

GI値が「22」と低いため、血糖値を急上昇させません。

<ビター・ブラック・スイート・プレーンチョコレート>

原材料に、乳製品が使用されていないチョコレートを言います。

カカオの含有量は、およそ40~60%程度とされており、「カカオ含有量:50%前後のものをスイート」「カカオ含有量:50%以上のものをビター」と区別している場合もあるそうです。

カカオの効果を得るにはちょっと物足りないかもしれませんね。

<ミルクチョコレート>

原材料に、乳製品が使われているチョコレートを言います。

例えば、トリュフ、ガナッシュ、生チョコなど、柔らかくクリーミーなタイプのチョコレートになります。

苦みよりも甘味が強いのが特徴であり、カカオの含有量は少なく、カカオの効果はほとんど期待できないでしょう。

ダークチョコレートと違って、GI値は「90」ですので、血糖値にはよくないと思います。

<ホワイトチョコレート>

カカオマスが入っておらず、カカオバターと乳製品と砂糖で作られたチョコレートです。

カカオポリフェノールは含まれませんので、チョコレートの健康効果を期待することはできません。

チョコレートを選ぶ際、カカオの含有量がはっきりわからない商品の場合は、このように「チョコレートの名前・種類・区別」で判断してみて下さいね。

まとめ

最近では、カカオの含有量の多いチョコレートがたくさん売られていますよね?

私は「カカオ98%」のものを食べてみたことがありますが、味はと言うと…。

まるでココアパウダーを食べているみたいでした。

チョコレートならではの「口どけ」や「滑らかさ」はなく、ちょっと食べにくかったです。

食べられないことはないけど「美味しい」とは言えませんね・・・。

そのため、「カカオ98%」のチョコレートを食べるのであれば、無糖ココアにミルクを入れて飲んだ方が、よほど満足感が得られそうな気がしました。

そして、「カカオ98%」のチョコレートを食べた後に、「カカオ70%」のチョコレートを食べたのですが、甘味もしっかり残っていて「いつものチョコレートの味」が楽しめましたよ!

個人的には、あまり高カカオなものより、カカオ70%程度のチョコレートの方が満足感があってお勧めです。

カカオに、インスリン抵抗性を改善する働きがあるならば、毎日でもチョコレートを食べたいものですし、「チョコレートをつまむ言い訳」にもなります(笑)。

血糖値をコントロールするには、甘い物やごはんなどを控える必要が出てきますから、「食」へのストレスを軽減するためにも、ちょっと高級な「ごほうびチョコ」を取り入れてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする